同時四軸加工で金型製作、部品加工、プラ型なら…LINK お気軽にお問い合わせ下さい。

NC旋盤加工を中心にマシニングセンター(同時四軸加工機)、円筒研磨、放電加工機などを用いて複合加工を行います。
同時四軸加工のLINK、トップページ同時四軸加工のLINK、会社概要同時四軸加工のLINK、ご挨拶同時四軸加工のLINK、主要設備同時四軸加工のLINK、製品紹介同時四軸加工のLINK、求人情報同時四軸加工のLINK、リンク集同時四軸加工のLINK、お問い合わせ同時四軸加工のLINK、MAP


■LINK MENU■

 トップページ

 会社概要

 ご挨拶

 主要設備

 製品紹介
  同時四軸加工
  電極
  3D加工金型
  旋盤加工
  複合旋盤
  ヒートパイプ

 求人情報

 LINK

 お問い合わせ

 MAP




お気軽にお問い合わせ
下さい!待ってます☆

info@link-f.jp

LINK会社案内


                    トップページ → 製品紹介 → ヒートパイプ
ヒートパイプとは

     ヒートパイプは毛細管現象を利用し、小さな温度差で大量の熱輸送を可能にした部品です。
     1963年にアメリカで開発され、人工衛星の温度制御半導体の放熱などに広く用いられ、
     金型の冷却用としても古くから利用されています。

 特徴
     
      細長いコアーピンなどの冷却穴に特に効力を発揮する。
      熱伝導率が金属パイプの200倍のスピード
      温度の均一性に優れている。
      安定した効果が得られる。
      商品の品質劣化が殆どない。
      冷却穴のつまりなどが無く、メンテナンスの必要が無い。


 構造


     金属パイプの内部を毛細管状にし、作動液を少量封入した
     後、真空状態にしたのもです。
     一方を加熱し、他方を冷却することにより内部で@沸騰・蒸
     発→A蒸気の移動→B放熱・液化→C液体の移動を繰り
     返し、排熱を行います。         
ヒートパイプの構造
 取付方法
ヒートパイプの取付図 ヒートパイプの取付穴径は+0.1〜0.2mmと
  して下さい。
水冷ジャケットの穴径はヒートパイプ径の2倍
  上をして下さい。
水冷ジャケットの中に残すヒートパイプの長さ
  は金型へ埋め込んだ長さの2分の1〜3分の
  1を目安に確保して下さい。
ヒートパイプを金型に挿入する際はサーモグリ
  スを塗布して下さい。

 使用上の注意

    ヒートパイプは200℃以下の水平な場所で、必ず水冷ジャケットを設けて御使用ください。

 取扱寸法
ヒートパイプの図面
       この商品は受注生産ですので、納期・その他につきましては、お問い合わせ下さい。


■会社情報■

同時四軸加工、部品加工、プラ加工なら-LINK地図-
株式会社 リンク
東京都葛飾区堀切4-24-3
TEL 03-3695-2020
FAX 03-3695-2023

■会社外観■



リンク地図はコチラです


■ご注文・お問い合わせ受け付け■  

ご注文、お問い合わせはメール、FAXにて24時間受け付けて
おります。お電話の場合、就業日の9時〜20時までとなります。

■協力工場お支払い条件■  

毎月末締め、翌月末日払いにて、小切手、振込みのみとなります。

■製品発送について■  

佐川運輸、ヤマト運輸にてお送りいたします。


designed by sideD

Copyright (c) 2005 LINK Co., Ltd. All Rights Reserved